トップ / 不動産担保ローンの使い道

不動産購入の情報

不動産担保ローンで事業資金補填

不動産担保ローンは自己所有の不動産を担保に資金を借り入れが出来、通常の消費者金融の無担保キャッシングと比較して非常に高額な借り入れが可能となっています。貸付を行っている銀行によって条件が異なっていますが、借入金の使途に制限がされていないので、個人の場合には教育資金などに使用することも出来ます。また、ビジネスの用途にも使用することが出来るので、事業資金や会社の設備投資資金の借り入れもすることが出来ます。借入金は長期間の返済も可能なので無理なく返済を行うことも不動産担保ローンは可能となっています。

不動産売却の手取り金額

不動産の取引は、取引金額自体が大きいために、諸費用や税金も日常生活とはかけ離れた金額になることが少なくありません。売却するときは不動産会社に媒介をしてもらいますが、仲介料は取引価格の約3%、取引そのものが大きいので100万円を超えることもあります。それでも仲介料は取引と同時なので、売った金額から払うことができますが、税金は確定申告と納税、住民税の課税通知が来るので、時期がずれて支払いが必要になります。納税の資金が不足しないように、翌年払う税金の準備がいくら必要かをあらかじめ試算しておきましょう。