トップ / 不動産を上手く使うには

不動産購入の情報

不動産取得税と減税について

土地や建物の所有権を売買、交換、贈与、建築などの理由により取得したとき課税される税金を不動産取得税といいます。土地や建物が所在する都道府県が課税し、相続により取得した場合は、別に相続税があるため課税されません。税額は、価格(固定資産税評価額)×税率(3%か4%)によって算出されます。ただし、自己の居住用であることなどいくつかの条件をクリアすれば取得税の軽減措置が行われます。また、住宅ローンを組んだ場合やローンを組まない場合でも省エネ対策や耐震構造を施し、不動産の長期優良住宅として認定されれば減税されます。

お部屋探しとその判断材料

お部屋探しをする上では、部屋の情報等のお部屋探しをする人の判断材料が豊富に存在することが肝要です。主な情報として考えられるのは、家賃、間取り、周辺の見取り図、また外観の写真といったことです。そういった情報は、不動産屋によっては揃えてあるのがまちまちのケースが多いため、写真はお部屋探しの決め手に繋がることが多いです。それでも実際には最終的に現地に出向いて、部屋の状況を見ることがあります。ただ現地に行く前に撮影されている写真類は、何らかの物件に対してのてがかりを与えてくれることもあり、重要な要素となります。優れた不動産屋というためには、物件に関しての情報を豊富に取り揃えて提供してくれる点があります。